• Eiji Oyama

【対談】元Fリーガー松永託さんからのエール

最終更新: 2019年4月20日


元府中アスレティックFCのFリーガー、現在は資産形成アドバイザー、アパレルブランド「HENES」の代表など、多岐にわたる活動を展開している松永託さんと対談し、Fリーグにおけるセカンドキャリアについてお話を伺いました。


熊本に生まれ、名門大津高校にてサッカーに励み、関東に進学後、Fリーグに羽ばたいた松永さん。私も学生時代を同じ熊本で過ごしましたので、その共通点から話が弾みました。


出典:

Fリーグ https://www.fleague.jp/

HENES https://www.henestokyo.com/

Instagram https://www.instagram.com/sekai_1/

電子書籍「プロのなり方: Method of Professional」 リンク

(この書籍の売上は、熊本地震の復興支援に利用されます)





Q. 現役中の生活について教えてください。


A. 基本的に午前中が練習、午後からは仕事としてコーチ業をやってました。

ほとんどの選手が仕事を持ち、働いて収入を得ながら、好きなフットサルを続けているという感じです。時間的な制約があるので、サッカースクールで教えたり、企業で働いたりと人それぞれでした。

またFリーグは、リーグ戦からプレイオフまで入れると5月から翌年2月まで続きます。なかなかの長期戦です。



Q. Fリーグでは現役引退後のキャリア(セカンドキャリア)は問題になっていますか。  その場合、チームや選手会、協会などからの支援はありますか。


A. 仕事を持っている人がほとんどなので、引退後に就職が問題になることは少ないです。Jリーグに比べると、サッカーと仕事のバランスを取りながらやっている人が多い印象です。

キャリア支援の制度はなく、基本的に個人で動くというスタイルでした。チームも働くことに寛容でした。広い人脈を持っている人が、仕事を探している人をサポートするケースが多く、自然とその人の周りには人が集まっていましたね。



Q. 引退後の心配はありましたか。


A. 現役中に「HENES」ブランドを立ち上げて事業を開始するなど、自分というブランドの確立を意識してやってきました。Instagramのフォロワーは7,000名を超えていますし、ユーザー獲得のノウハウなどでビジネスはやっていけるだろうなと。だから心配は特になりませんでした。



Q. 引退後のキャリアに向けて、あればいいなというサポートはありますか。


A. 現役時代はいろんなことにテキパキ対応できる一方で、引退してしまうとグダグダ過ごしてしまいがちです。現役時代はフットサルに、仕事に、と忙しくはありますが、将来のキャリア形成で役に立つトレーニングなどあれば、役に立つのではないでしょうか。



Q. アスリートの方の職種に対する適性について、どのように思いますか。


A. 自分もそうですが、営業職への適性は総じて高いと思います。あとはSNSをやっている人も多いので、ソーシャルを活用した営業やマーケティングなども可能性があるのではないでしょうか。



Q. エッジフォースは引退後のスポーツ選手がビジネスの世界で活躍される仕組みを作ることをビジョンに掲げています。松永さんはビジネスの世界で活躍している先輩になります。アスリート出身のビジネスマンの可能性についてお聞かせください。


A. フェンシング協会の太田さんの活躍は、非常に刺激になります。スポーツとエンターテインメントをうまく絡めてビジネス化、つまりマネタイズを進めていますね。スポーツに対する熱い想いがベースにあって、その上に遊び心だったり、ゲームのような感覚を加え、さらにアスリートならではの視点から生まれたアイデアが入ることで、今までにないエンターテインメントが生み出そうとしています。


フットサルは「見る」より「やる」スポーツだとよく言われます。会場への集客もなかなか難しいのが現状ですが、アスリート出身のビジネスマンだからこそ、生み出せる発想や、ビジネスがあると思います。



最後に、


対談を通じてFリーグの選手の多くは、仕事を持ちながら競技を続けていることがわかりました。エッジフォースも賛同し、推奨している「デュアルキャリア」の構築が現役時代から行われることにより、引退後つまりセカンドキャリアの時点で、就職やキャリアの問題に選手が直面しなくて済んでいるようです。


爽やかで熱量溢れるナイスガイ松永さん、元Fリーガーとしてどういうキャリアを切り開くのか、また今後どういう活躍をされるのか楽しみです。


対談を快く受けていただいた松永さんに心より感謝致します。

どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


エッジフォース株式会社 

​ 〒103-0013 東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-4

Tel 03-6811-1395, Mail info@edgeforce.co.jp

  • Facebook
  • Twitter
logo_GreenOnWhite.jpg

Copyright © Edgeforce.co.,Ltd, All rights reserved.